Institute for Project Learning

男女ともに働き、家庭参加できる社会の構築

治部れんげ01

氏名:治部れんげ
研究分野:仕事と育児の両立、父親の育児参加、福祉政策の経済メリット
研究概要又はプロフィール:
1997年一橋大学法学部卒。日経BP社にて経済誌の記者を務める。2006年、フルブライト・ジャーナリストプログラムにて、ミシガン大学客員研究員として、アメリカ共働き子育て夫婦の先進事例を調査。報告書 ”How American Men’s Participation in Housework and Childcare Affects Wives’ Careers”と著書『稼ぐ妻・育てる夫』(勁草書房)をまとめた。自身の経験含めた夫婦の家事育児分担について『ふたりの子育てルール』(PHP研究所)に記している。大学の同級生だった夫との間に、息子1人、娘1人。

個人ブログ:
http://d.hatena.ne.jp/rengejibu/
コアメンバーとして企画に携わっている、グローバル・ママ・ネットワーク:
http://global-moms.iwcj.org/